2018/05/23(5988 Views)

なぜ必要?必ず知っておきたい車検の基礎知識

安全に車を使用するために、車検は必要なことだと分かってはいても、実際にかかる費用や時間に、毎回なんとなく腑に落ちないという方も決して少なくないでしょう。

確かに、費用や受ける期間など、車検という制度そのものが、多くの一般ユーザーにとって分かりづらい点が多いことも事実です。

そこで今回の記事では、「どうして車検を受けなくてはならないのか?」「どうして期間が決められているのか?」といった、誰もが疑問に感じる、車検に関する基礎知識を詳しく解説。

これらの基礎知識をあらかじめ学んでおくことで、いざ車検の時期を迎えた際にも、あせることなく、しっかり納得した上で車検を受けることが出来ます。

多額の費用がかかる車検は安全性と同一性の確認作業

そもそも、毎回安くても数万、高いときには10万円以上という、決して安くはない費用をかけてまで、なぜ車検を受ける必要があるのでしょうか?

車検を受けることが義務付けられている理由としては、大きく分けて2つあります。

保安基準に適合しているかを確認

まず、車検とは国があらかじめ定めた最低限の安全基準である「保安基準」に、その車が適合しているかどうかを、定期的に確認するための制度です。

検査により不具合や不適合箇所などが見つかった場合は、該当箇所を修理し、安全な状態にする必要があります。

ただし、車検によって車の安全性を確認出来るのは、あくまで車検を受けた時点のものであり、次の車検までの安全性を保障するといったものではありません。

みなさんは、車検証の裏面に書かれている一文をご存知でしょうか?

「自動車の検査は、安全・環境の面について国が定める基準に適合しているかどうか一定期間ごとに確認するものであり、次期検査までの安全性等を保証するものではありません。

したがって、使用者は、日常点検整備や定期点検整備を確実に実施するとともに、使用に応じて適切に保守管理を行う必要があります。」

このように、車検に合格したから安全ということではなく、定期的な点検やメンテナンスは確実に行う必要があるということは、覚えておきましょう。

同一性の確認

車検後に発行される車検証は、その車が保安基準に適合しているかどうかや、所有者の情報などを公的に証明する重要な書類であり、公文書です。

そのため、車検には、車検証の記載内容に間違いが無いか確認する意味合いがあります。

ちなみに、車を運転する際には、車検証の携行が法律により義務付けられています。

万が一、車検証を携行せず車を運転してしまった場合、法律により罰せられてしまうため、その他の重要書類とともに、常に車のダッシュボードなどに保管しておくようにしましょう。

車検にはなぜ期間が決まっているのか

車検は、車の種別ごとに受ける期間が決められていますが、一体どのような観点で期間が決められているのでしょうか?

車検の期間は、主に以下の項目の確認や、実施を目的として決められています。

・安全性が確保されているかを確認
・公害の防止
・重量税の納付
・自賠責の更新

安全性が確保されているかを確認

車は工業製品である以上、使用しているうちに、必ずさまざまな部品が劣化してしまいます。

上記でもお話しましたが、一定の期間ごとに状態や劣化箇所を点検し、その車の安全性が確保されているかどうかを、確認する必要があるのです。

一般のユーザーが、ディーラーや整備工場へ車検を依頼し、点検や見積もりを取ることで、愛車の安全性をより確保することが出来ます。

公害の防止

オイル漏れや、基準値を超える排気ガスの拡散も、部品の劣化により生じる弊害と言えるでしょう。

車検には、このような原因により発生する公害を防止する意味合いも含まれています。

また、ディーラーをはじめとした整備工場では、事前に車を点検し劣化しているパーツを交換、修理することで、保安基準に適合させ、公害を防止するための整備を受けることが可能です。

重量税の納付

車検時に納付する重量税は、道路環境の整備のための財源に割り当てられています。

また、税収の一部は、自動車重量譲与税として市区町村に譲与され、市区町村にとっての、貴重な財源となっています。

自賠責の更新

自賠責とは、法律により、全ユーザーの加入が義務付けられている損害保険であることから、別名「強制保険」と呼ばれることもある、被害者救済を目的とした損害保険です。

ユーザーは車検時に、次回の検査まで有効な自賠責に加入する必要があり、掛け金は、車検のタイミングに併せてまとめて支払うシステムになっています。

まとめ

自分の車が、国が定めた保安基準に適合しているか、そして、車検証の記載内容に誤りが無いかどうかなどの確認をするためにも、車検は間違いなく必要な制度です。

車検を受けることが必要な理由について、知っているのと知らないのでは、いざ車検を受ける際の安心感や満足感が、まったく異なります。

車検費用が、家計に与える影響は決して小さくありませんが、車検の必要性を理解し、きちんと車検を受けることを心掛け、安全で快適なカーライフを送りましょう。

関連記事

カテゴリー

ランキング